高脂血症の診断基準は?コレステロールの数値がどれくらいから?

高脂血症、現在は日本動脈硬化学会では脂質異常症と呼んでいますが、これには明確な診断基準があります。

 

統計的にこの値を超すと合併症リスクが明らかに高まるというボーダーラインであり、高脂血症の基準を超えた場合は自覚症状がなくても速やかに改善に取り組まなければなりません。

 

高脂血症というと総コレステロールだけに着目する方がいますが、現在の診断基準ではそもそも総コレステロールは見ておらず、LDLコレステロールとHDLコレステロール、そして中性脂肪(トリグリセリド)の3つの値によって診断されます。

 

すべて空腹時の値が使われ、LDLコレステロールと中性脂肪が両方とも基準以上、もしくはHDLコレステロールが基準以下のどちらかを満たした場合に高脂血症の診断が下ります。

 

具体的な診断基準は

 

・LDLコレステロール140mg/dl
・HDLコレステロール40mg/dl
・中性脂肪150mg/dl

 

となっています。例えば、LDLコレステロール130mg/dl・HDLコレステロール30mg/dl・中性脂肪140mg/dlの方の場合、LDLコレステロールと中性脂肪は診断基準を超えていませんが、HDLコレステロールが基準値以下であり、HDLコレステロールは単独で基準値以下でも高脂血症の診断となるため、この方は高脂血症と診断され、保険適用内での高脂血症の治療対象となります。